Transcendental Meditation

Japan: Learn Transcendental Meditation (TM)

Transcendental Meditation Teachers and TM Centers in Japan

Website: click here
Telephone: 0800-800-4996

Fukuoka

Website: click here

Teachers:

 Japan fukuoka Transcendental Meditation Teachers TM centerKurosu Toshimichi 092-741-3134

 

 Japan fukuoka Transcendental Meditation tm Teachers centerHiramatsu Naoko

 

Kouchi

Website: click here

Teacher:

Kouchi japan tm Transcendental Meditation teacherSueda Yasuhiko 090-6840-3662 or 082-503-4866

 

Mastuyama

Website: click here

Teacher:

Sueda Yasuhiko 090-6840-3662 or 082-503-4866

 

Hiroshima

Website: click here

Teacher:

Sueda Yasuhiko 090-6840-3662 or 082-503-4866

 

Tokuahim

Website: click here

Teacher:

Shinichi Abe 088-624-9914

 

Izumo

Website: click here

Teacher:

Sueda Yasuhiko 090-6840-3662 or 082-503-4866

 

Mastue

Website: click here

Teacher:

Sueda Yasuhiko 090-6840-3662 or 082-503-4866

 

Okoyama

Website: click here

Teacher:

Sueda Yasuhiko 090-6840-3662 or 082-503-4866

 

Tottori

Website: click here

Teacher:

Sueda Yasuhiko 090-6840-3662 or 082-503-4866

 

Osaka

Website: click here

Teacher:

Osaka  Japan tm Transcendental Meditation Teachers centerShigeki Hatanaka 06-6243-1540

 

Kyoto

Website: click here

Teachers:

kyoto  Japan tm Transcendental Meditation Teachers centerKawai YuHisashi 075-744-1414
kyoto  Japan Transcendental Meditation tm Teachers center

Kawai Atsuko

 

Shiga

Website: click here

Teacher:

shiga  Japan tm Transcendental Meditation Teachers centerKitajima Ikuko 0748-26-2794

 

Nagoya Sakae

Website: click here

osaka Japan tm Transcendental Meditation Teachers centerTeacher: Jìnténg zhēnzuǒ liù

 

Kanazawa

Website: click here

Teacher:

Kitajima Ikuko 0748-26-2794

 

Tokyo

Website: click here

 

Tokyo / Souka

Website: click here

Teacher:

souka tokyo  Japan tm Transcendental Meditation Teachers centerIto Kiku Jiang 03-6272-9992

 

Tokyo / Higashi-Kurume

Website: click here

Teacher:

Igarashi Hiroko 042-421-0276

 

Tokyo / Meidaimae

Website: click here

Teacher:

meidaimae tokyo  Japan tm Transcendental Meditation Teachers center Ichi Izumisumiyo 03-3328-1555

 

Tokyo / Shibuya

Website: click here

Teacher:

shibuya tokyo  Japan tm Transcendental Meditation Teachers center

Hara Shinichi 03-6427-3325
hiroshima  Japan tm Transcendental Meditation Teachers center

Takahashi Eri

 

Tokyo / Hanzomon Koijmachi

Website: click here

Teacher:

Ito Kiku Jiang 03-6272-9992

 

Tokyo / Kanda

Website: click here

Teacher:

kanda tokyo tm Transcendental MeditationNishida Shimako 03-3258-3999

 

Gunma

Website: click here

Teacher:

Mori Masaya 0276 – 86 – 9888

 

Nasu

nasu tm Teacher of Transcendental meditation japan

Website: click here

Teachers:

Suzuki Tetsuhiro 0287 – 68 – 7111

 

Harada Hiroomi

 

Sapporo

sapporo tm Teacher of Transcendental Meditation

Website: click here

Teacher:

Yukari Kobayakawa 011-814-2320

超越瞑想とは何か?

1. 超越すること──自分自身になる

歴史を通して、賢人たちはみな人生の成功について同じ教えを説いてきました。それは「汝自身を知れ」──つまり、自分自身を知りなさい、自分自身になりなさい、という教えです。どちらの表現も同じことを意味しています。

では、自分自身を知る、自分自身になるとは、いったいどういう意味でしょうか?

attention-outside1日 常の生活では、私たちの注意はいつも、見えるもの、聞こえるもの、感じるもの、考えるものなど、自分以外のものに向けられています。朝目覚めてから夜眠り につくまで、私たちは絶えず何かを考え、何かを体験していて、自分自身だけになることがありません。何かを体験しているときにはいつでも、自分以外のもの を認識しているので、自分自身を認識することがないのです。

では、どうしたら自分自身を認識することができるのでしょうか? 私たちの注意を外側ではなく内側に向けることによって、自分自身を知ることができます。

attention-selfそれは、私という体験者が何も知覚していない、何も行動していない、何も考えていない、ただ自分自身だけがある、純粋な『存在』の状態です。この自分だけがあるという状態を体験することが、自分自身になる、自分自身を知るということと同じです。

しかし、どうしたらこのような状態になれるのでしょうか? 何も見ない、何もしないということは簡単です。ただ座って目を閉じればよいからです。し かし、何も考えないというのはどうでしょうか? 無念無想の状態になろうとしても、それがいかに難しいかがすぐにわかるでしょう。いくら考えないように努 めても、たくさんの考えが常にやってくるからです。

ですから、無念無想の状態に入ろうとして試みれば、瞑想は間違った方向に進んでしまいます。

超越瞑想は、古代から伝えられてきた瞑想のテクニックですが、そのプロセスは全く自然 なものです。正しい指導を受けて、正しいテクニックを学べば、無念無想の状態に入ろうと努力しなくても、心はとても自然に、その状態へと至ります。なぜな ら、心は本質的にそこへと向かうことを何よりも望んでいるからです。心にとって、それは家に帰るようなものです(「マハリシは、どのようにして超越瞑想テクニックを発見したか」を参照してください)。超越瞑想は、簡単で努力が要らず、とても心地よいものです。簡単で努力をしないということが、純粋な『存在』を体験し、自分自身になるための唯一の方法なのです。

人々は、心を集中したり制御することが瞑想であると思っていますが、マハリシの教えを 簡単に説明すると、真の瞑想は心の集中や制御を全く必要としないということです。たいていの集中法は努力を要します。しかし、少しでも努力をすれば、心は 活動的になってしまい、想念の最も微かな状態を超越して、純粋な『存在』を体験することができなくなってしまうのです。

正しく訓練された超越瞑想の教師は、どんな人もこの超越の状態へと向かうように導くことができます。それによって、心はひとりでに、自然に、努力なくその源へと至り、自分自身だけになるのです。

この体験を繰り返すと、どのような効果が得られるでしょうか?

attention-outside-+-Self超 越瞑想を行うことによって、自分自身になるという体験を何度も繰り返すことで、心はその体験に慣れ親しんでいきます。そして最終的には、瞑想中だけでなく 活動している最中にもその体験が失われなくなります。つまり、どのような状況にあっても自分自身を失うことがなくなるのです。

自分自身を生きている人は、深い根と太い幹をもった木に似ています。どんなに強い風が 吹いても、その木は揺らぐことはありません。それは人生のあらゆる領域で成功を得るための確固とした基盤となります。自分自身を生きている人は、困難な状 況に直面しても冷静でいられ、状況に圧倒されることなく、問題の解決策を素早く見つけ出すことができます。そのような人は、自信に満ちており、人間関係は 良好で、人と争い事を起こすこともありません。それによって、人生の全ての面がよくなっていきます(「成功」を参照してください)。その上、自分自身を生きている人は周りに肯定的な質を放射しますから、周りにいる人たちもますます肯定的になっていきます。

2. 超越すること──体の治癒力を目覚めさせる

見たり、聞いたり、行動するといった、それら日常の経験のすべては、神経系の活動によって生じます。もし、経験が強すぎると神経系の構造に負荷がかかり、 それが緊張やストレスとなって蓄積されます。例えば、誰かと言い争ったりすると心臓が締め付けられたりしますが、これは神経系に大きな負荷がかかり、それ がストレスとなって体の正常な機能を妨げてしまうのです。

一日を通して、さまざまな経験によって神経系に負荷がかかり、ストレスが蓄積されていきます。そのことを、黒板に例えて説明しましょう。朝起きたと きには、黒板には何も書かれていません。しかし、一日を通して何かを体験するたびに、少しずつ黒板に何かが書かれていきます。そして、ある時点で黒板は いっぱいになり、それ以上、書くことができなくなります。そのときは黒板を消して、またきれいにしなくてはなりません。

それと同じように、神経系がストレスでいっぱいになると、神経系の能力は低下し、もうそれ以上、機能できなくなってしまいますから、すべてのストレスを消して、きれいにしなくてはなりません。

幸運なことに、体にはそのための自然なプロセスが備わっています。そのプロセスは、睡眠中に体が休息しているときに起こります。休息をとって体がリ ラックスすれば、神経系の緊張が緩んで疲労が解消されます。しかし、問題は、忙しい毎日を送っていると、受け取る経験が多過ぎて睡眠中の休息だけでは、す べての疲労やストレスを取り除くことができない、ということです。そのため朝起きても体のだるさが続き、疲労が慢性化していきます。

睡眠によって解消されない緊張やストレス──それは時間とともに蓄積していきます。その結果、次第に体の自然な働きが阻害されて、様々な精神的およ び身体的な問題が生じてきます。これらの問題は、最終的には、遺伝的に私たち体の最も弱いところに現れてきます。ある人は心臓病に、また別の人はうつ病に なるかもしれません。しかし、遺伝的要因が病気の原因なのではありません。真の原因は、体の自然な働きを阻害する、緊張やストレスを完全に取り除くことが できない、ということにあります。このように、体の自然な働きが損なわれることが、心身の病気の90%の直接的または間接的な原因であると見なされていま す。

瞑想中、心の活動は減少していき、やがて完全に静かで落ち着いた状態へと至ります。それが超越の体験です。(「自分自身になる」を参照)。心と体は密接に関わっているため、心が完全に落ち着くと、体もリラックスして深い休息を体験します。それは睡眠中に得られる休息よりも、もっと深い休息です。これは実際に客観的に測定することができます。

3. 超越すること──内面の幸福と平和

インドに伝わる古代の聖典には、「生命の本質は至福であり、生命は至福から生まれ、至福へと帰る」と記されています。すべての生命は、それ自身の本質である「至福」を求めて、それ自身の源へと戻っていく傾向があります。

例えば、心はいつも幸福を求めています。もっと大きな喜びや満足を求めています。しかし、日常で得られるどのような体験も心を完全に満たすことはで きません。なぜなら、心が本当に求めているのは、限られた幸福ではなく、無限の幸福であるからです。それは外側の世界には見つかりません。それは私たちの 内側に、心の源にあるものです。

心の源には、無限の幸福の領域があり、そこが超越の領域です。ですから、瞑想して心を内側へと向けることで、心は自動的により大きな幸福に惹かれ て、超越へと向かって進んでいきます。超越瞑想は、より大きな幸福を求める心の自然な傾向を利用しているので、全く努力が要らず、効果的なのです。

さて、瞑想中の主観的な経験は毎回違いますが、生理状態を客観的に測定してみると、心が超越するときには、体にも一貫した生理的的変化が起こってい ることが分かります。例えば、「幸福ホルモン」と呼ばれるセロトニンが大幅に増大し、ストレスホルモンのコルチゾールや血漿中の乳酸塩が減少します。

瞑想の技術

1. 簡単、楽しい、効果的 – 他の方法とまったく違う

Most popular

No posts found.